130 聴きたい音楽はCDのまま

平成も終わろうというのに。

昔、無人島にCDを3枚だけ持っていくとしたらどれにするかという質問があった。これについての俺の答えは「選べないなあ」だった。

今だとどうだろう。

選べないという理由を書く前に昭和の時代、レコードの頃に思いを馳せてみる。自分で一番最初に買ったLPは「宇宙戦艦ヤマト」だったと思う。シングルはよく覚えていないが多分アイドルのであっただろう。年代からするとキャンディーズ辺りであったかもしれない。

レコードを買い出して間もなくモンキーズリバイバルがあった。当時3000円くらいだったLPの値段も発売時の値段に合わせるのかモンキーズのそれは1800円と手ごろな値段で活躍していた頃のものはすぐに揃った記憶がある。

当時のステレオはバカでかく家具といってもいいほど。そんなものを布団の脇に据えて毎朝母に音楽をかけて起こしてもらっていた頃が懐かしい。一種の運試しのようで選曲は任せていた。きっと母は選んでいた認識はなかっただろうが。

思えばその前に家にあった音響機器といえば真っ赤なレコードプレイヤーだけだった。スイカを食べながら妹と聴いていた時にスイカが手から滑り見事ピンポイントでレコード針の上に落下、それは妹の愛聴盤、その後しばらくは恨み言を聞かされたものだ。

いけないいけない脱線しすぎだ。

ちなみにCDのアルバムで一番初めに買ったのは松田聖子であった。確か「citron」だった。こちらもシングルは覚えていない。ちなみに松田聖子のファンではなかったはずなのだが。

さて本題へと戻ろう。

選べない理由はどうしてもアルバムという形態だと好きになれない曲が混ざるからだ。

問題の3枚だが今なら容易に決められる気がする。ただし持って行ったとしても聴くかどうかはわからない。ただ手元に置いておきたい3枚なのである。

それは
・「イノセントマン」ビリージョエル
・「spirits」渡辺美里
・「Topics」My Little Lover
この3枚なのである。

ダウンロードの時代になって久しいが、手元に置きたい曲は形を成していないとどうも落ち着かない。

イカは落下する場所を失ったということか。

129 近年の二日酔い傾向

自分でも酒が強いのか弱いのかよくわからんのですわ。

行きつけが周年だったから仕事終わりに駆け付けた。店に入るともうすでに満席。ベンチに腰掛けカウンターに座れるのを待った。

最初の1杯がサービスだという。せっかくだからロックでいただいた。マスターが言うにはストレートが旨いそう、じゃあもう1杯と甘えるとお代はいただきますよとのこと。その言葉と同時にグラスにはその酒がw

調子に乗ってその後の自分のボトルになってもストレートでちびちび。途中祝いのシャンパンもあったから結構な量を呑んだ。

客も少なくなってきた頃、軽くハプニングがあったが、自制心を働かせた。以前だったらこの俺シュッポッポーとなるところなのだが。

店を出ていい気分のまま帰宅。ん、そういえばサービス外の1杯が伝票についていなかったなあ。と思いながら。

して今日、二日酔いである。気持ち悪くも頭痛くもない。ただ、あまり動きたくないという程度の二日酔い。

近年では気持ち悪くなるほど呑むことはなくなったが、気持ち悪くなることも皆無になった。肝臓が頑張っているのか仕事を放棄しているのかどちらかなんだと思う。

こんな時に体からのメッセージがストレートに脳へと届く。果糖が欲しい。午後になり少し動くかという気になったから買いに行くとするか。

128 マットレスをめぐる奮闘記

介護関係の記事となります。

今回親父様にショートステイに行ってもらうもう一つの目的にいないうちにベッドをなんとかするというものがあった。

体が動かなくなってくると、セミダブルのベッドでは被介護者も介護者もきつくなってくる。今の時点でベッド自体に問題はあまりないのだが、当然寝具もセミダブルサイズ。これを管理するのに辟易しているわけである。

親父様、失禁が多い。ほぼ毎日シーツを洗うことになる。しかも防水のシーツのキャパを超えるほどの量になってきたからマットレスも濡れる。洗濯できるはずはないから、叩きぬぐった程度で消臭剤をかけて凌いできたが限界を迎えていた。

そこでベッドはそのままに上物をシングルに替えることにした。できるだけあるものでと考えリビングのマットレスにもなるソファをそれに充てる。ここで計算違いが生じていた。このマットレスソファ、セミダブル仕様だった。てっきりシングルだと思っていた。

そこで、このマットレスをビニールで防水の加工をして、その上にシングルの敷布団を敷くことにした。考えようによってはベッドサイドで着替えるときに下が固いものよりはいいだろう。

次の問題は古いマットレスを捨てることだった。前住んでいた自治体ではスプリングの入ったマットレスは引き取らなかった。今のところは市のサイトを見ても記述がない。果たして大丈夫なのか。

本当にスプリングが入っているのか確認をした。というのは購入時丸めて売っていたからもしかしたらと思ったのだ。スプリングが入っているにしても金属ではないかもしれない・・・。開けてみるとやっぱり金属のスプリングだった。不安は拭えないが、もう破ってしまったものをそのままにもできず速攻市の集積場に持っていくことにした。車に載せるのも一苦労だった。だめなら買ったところに頼めばいいかと心積もりをし、集積場に着いた。引き取ってくれるということで胸をなでおろしたが、それでことはすんなりとはいかなかった。

集積場のおじさんは「あ、これは〇〇〇(なんて言ったか忘れた)ですね。だとしたらあっちです」移動するとこれはスプリングが入っているからあっちですとのこと。たらいまわしか!と思いが過ったが、〇〇〇という専門用語はそういうことだったのかと分かりやすければそんな手間にならなかったのにと思いながら元の指定された場所に行き事情を説明する。ここでやっと手放すことができた。あーよかった。

やっぱり余裕がないとこういうことはできないなと思いながらショートステイに出したことことで生まれた余裕なんだと確信した。

その足でシングルの掛布団と敷布団のシングルのシーツを買いに行った。

その親父様も今日帰ってくる。

教訓:介護用のベッドはシングルであるべき。